2014年09月12日

「澤野弘之LIVE2014 [nZk]002」聴いてきた

「澤野弘之LIVE2014 [nZk]002」、参加してきました!
001の時は、イベントの存在を知った時には既にチケット販売期間終了後。今回も先行抽選とか応募したものの当たらず……「うんのよさ」ステータスがマイナス値な自分では無理だ!と友人に応募を頼んだところ見事に当ててくださり、念願の澤野さんライブに行ける事に。
当日も面倒みていただきまして、彼女には感謝でいっぱいです。ありがとー!

例によって素人の好き勝手感想タイムです。
当日の公式セットリスト→澤野弘之LIVE2014 [nZk]002 Set List

澤野弘之氏のライブ

会場はZeppTokyo。リア充でバンド大好きロック大好きな人達の領域であって、自分が踏み込むような事はないと思っておりましたわ……聴きにいくのってオケがほとんどだったしなあ。IMERUATで随分「こちら側」に引きずり出された気はしている。

TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック

自分は人気アニメ「進撃の巨人」を観てからのファンなので、多分新参者の類。聴いた時に、以前なんとなく観ていたことのある「青の祓魔師」の次回予告BGMの雰囲気を思い出してggったところ同じ作曲家ということで、注目し始めたのでした。
手持ちの澤野さん関連CDは、自分がちゃんと観た「進撃の巨人」「ガンダムUC」、UCに関連してAimerさんとのアルバム「UnChild」程度。ライブ数日前になんとなくTVつけてザッピングしていた時、偶然アルドノア・ゼロのオープニングだかエンディングだかに遭遇して、歌モノをひとつ予習できたのはラッキー。TV自体、またしてもほとんどつけなくなってしまったなあ……。

「進撃〜」で一番好きな「DOA」が生で聴けるとは、最高!あの曲はかっこいい。同作品からの演奏はどれも聴きたかったものだったので、それだけでも価値がありました。army⇒G♂のヴァイオリンなどは、演奏をぜひ観たかったのです。
キルラキルは一応観ていましたが、サントラは未購入。演奏されたもののうち2曲は、記憶にあったのでわかった。いろんな作品を手がけていらっしゃるので、複数の作品をまたいで演奏があるというのが嬉しいなあ。お得感(?!)もありますし!
これいいなーというものが出てくると未購入のCDも気になってきます。少しずつ集めていく事になるかも……いい作曲家さんを見つけられたとますますほくほくしてしまう、大満足のライブでした。

ボーカリストを何名か使っていらっしゃいますが、Aimeeさんが一番好みかな。今後のSawanoHiroyuki[nZk]プロジェクトも、楽しみにしています。
澤野さんはボーカル付きの音楽も、かっこいいの作りますよね。
自分はアニメよりもゲームの方のオタクをやってきたので、ゲーム音楽やその作曲家さんのファンを長くやっていますが、歌付き(特に日本語歌詞)となると……うーん?ってなる作曲家さんも(個人的には)多い印象だったので、その点も見事だなあと感心しきり。

澤野さんご本人はお話も面白い方で、MCの時間も大変盛り上がりました。
「進撃〜」のサントラで楽曲タイトル見た時は、厨二病を妙な方向にこじらせた人なのでは(失礼)と思ったけれど、駄洒落も嗜む愉快な紳士だったようです。終わる頃には、お人柄をすっかり気に入ってしまいました。
パシフィコ横浜のガンダムUC F&L時は座って静かに聴くコンサートの雰囲気だったせいか、今回の観客(の空気)については「あたたかい」と表現されていました。同イベントも参加しましたが、あれはしょうがない……オーケストラ楽器ありでおとなしく聴くコンサートでは、ああなりますわ。
とはいえ、こういったスタンディングで歌・ロック・ポップス!なライブは自分はほとんど参加したことなくて(確かに客層は微妙に違うのかも?)、会場のライブ慣れした人達の腕を突き上げるだとかのリアクション・盛り上がりは、見事なもんだなあと思ったり。

アンコールで「おまけ」として披露された、澤野さんのピアノソロ(数曲のメドレー。リスト参照)演奏は殊更に素晴らしかった。
演奏もさることながら、にぎやかなライブの雰囲気の延長でやるのがイイ。
観客の我々も、「あの曲きた!」とか「お!」と思ったところで思い思いに拍手。ジャズのコンサートは行った事ないけれど、こんな感じだろうか……あれもセンスが要求されてしまうような話、聞いた気がするけれど。
かしこまったコンサートではない自由さで、観客のリアルな感嘆と喜びが反映・共有される感じが、とてもよかった。

澤野弘之氏のライブ

19時開始で終演22時近く。ボリュームたっぷりのライブでした。しかしやや田舎民な自分は帰りの電車が……!折角のカラフル・きらきらな観覧車も、帰りに飲料受け取り待ち中に見上げながらピャッと撮ったこんなのだけw

さすがに足が痛くなっていましたが、日付変わる前後に無事帰宅。お疲れ様でした。
イベント自体はよかったけれど、結構あちこちで声優サプライズ出演期待・目当てで来たとか、声優呼べばいいのに!的な会話を耳にしたのがちょっと残念な気分。
わからなかないけどさあ、今日は音楽を聴きに来たんじゃないのかよあんたら……。アニメファンの間では、作品の音楽(声優ソングや主題歌とかでなく、BGM。劇伴)の演奏を聴くっていう文化が、あんまり定着していなかったりするのかな?それとも、たまたまいわゆる「声豚」さんたちの会話ばかり耳にしてしまっただけかね。

澤野弘之氏のライブ

戦利品。お買い上げしたパンフx2と蓄光イカリングと¥5000だか¥4000だか以上グッズお買い上げでもらえるポストカードと、フライヤー多数。

澤野弘之氏のライブ

パンフは前回の[001]のも買ってしまいました。文章たっぷり。
あとタオル。これは買うつもりなかったんだけど、開始前の待機中に雨がややしっかり降るような事もあって、念のため。
折りたたみ傘を差していましたが、列で邪魔になりすぎるようならタオルにチェンジしなければならないよね……と思っていたのですが、実際はそこまで酷くなることも無く出番ナシでした。
パンフといいタオルといい、想定以上の衝動的な買い物が今月多いな。自制しなくては。

澤野弘之氏のライブ

イカリングもといシリコンブレスは、暗い会場で付けておくのにいいね。開始前にがっつり蓄光できればよかったけど、待機列は長いこと暗い屋外だったのでぼんやり発光。残念。青いのは、ライブ会場で飲料と一緒にもらえるドリンクホルダー……多分。使っていないからよくわからんw
次回ライブ[003]も開催予告していただけたので(画像、切れていますが;)、またチケット争奪戦かな。スクエニやモノリス関連のお仕事もされるようで、ゲーマー的にも今後が楽しみで仕方ない。今、ノリにノっている作曲家さんですね。

最後に。

わっほー

お友達にいただいた、ワッフル・ケーキの店R.Lのコロコロワッフル!



ここのワッフル、生地がしっかりしていて大好きなのです。今回いただいたクッキー状のお菓子も好きでして、とっても嬉しい!
大好きなので、お腹すかせて帰宅後一気に平らげてしまいました。肥える、しかし幸せ!w
本当に何から何まで、ありがとうございます……!またイベントご一緒しましょう〜。


posted by まい at 00:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

Suicaのペンギンパン<夏季限定ver.> パッケージリサイクル

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

どーん。Suicaのペンギンパン。
池袋行ったついでに、エディーズ・ブレッドミニ池袋店にてお買い上げ。

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

あああ お目目が一個取れてしまっていた……残念。
サイトをみたところ、夏季限定ver.のようです。カスタード味とレモンフロマージュ味。
「夏バージョンは6/1〜7/13がカスタード味とレアチーズクリーム味、7/14〜8/31がカスタード味とレモンフロマージュ味」とのこと。レアチーズのも食べたかったなあ。自分がツイッターでフォローしている方の情報によれば、Suicaケーキも季節によって味が変わるそうです。あ、それでサイトだとただのケーキじゃなくて「シーズンケーキ」なのね。

suicaペンギンパン

黒っぽくするためココア?たっぷりなのか、生地はビターな感じでぼそぼそしてかため。
中身はほぼ空洞で、底面にフィリングがへばりついている程度に入っている感じ。

suicaペンギンパン

まあ、こういうのは見た目にお金を払うものなので……ね!(^ω^; ≡ ;^ω^)

さて。

これもグッズの一環なので、折角なら何か保存しておきたい。中身は食べちゃうわけですから、パッケージを……となるわけですが

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

「パンの焼き窯をイメージしたドーム型」。デザイン重視な凝ったパッケージのため、うまく畳めない。翼のように広がる横の部分は底面の幅と一致しないので、両方ともぺたんと折り畳めない。
捨ててもいいかなとも思いましたが折角かわいいし、工作して使うことに。

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

どどん。紙の切れ端メモ用紙を入れる、紙のフォルダができました。

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

あの厄介な(?)翼状の部分を、適当な厚みをとって折り曲げて接着(適当なので、テープ貼っただけw)。前面にパッケージの顔を持ってきて、完成。
底面両サイドに隙間があるけど、今回は紙切れを入れるだけなので気にしない。画像のように、上に飛び出たパーツを折り込んで蓋のようにもできます。

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

当初は画像左の隙間に突っ込むつもりでいたのですが、ペンギンの顔が見えなくてもったいなかったので現在は画像右のようになっています。これは便利。

Suicaのペンギンパン 夏季限定ver

お味はなんとも……ですが、お値段分は楽しんだので満足。Suicaペンギンかわいいッス!

Suicaペンギングッズで気になるのは、今はムック本かな……一度買ったくらいだったけど、いろんなのが出ているのね。

Suicaのペンギン Let

お友達に教えていただいた折り畳み傘。しかも晴雨兼用!丁度探していたところなので、気になる。ちょっと小さい、らしい。

Suicaのペンギン TRAVEL AROUND JAPAN! トラベルバッグセットBOOK ([バラエティ])

バッグも、結構しっかりしていそう。

物欲は尽きないね。
posted by まい at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

クマムシさんをモフりに池袋

クマムシさんのお店が東急ハンズ池袋に出張とのことで、どこかへ出かけたい気分だったのもあり、行って参りました。
今の住まいからは、ちょっこし遠くてお金かかります。ハンズだけのために行くのか?とも思いましたが他に興味引かれるイベント情報がぱっとつかめず……ハンズだけのために行きましたw
自分の大好きな奇譚クラブさんも同時にイベントをやっていたので、これもお目当て。地元の田舎には、自分好みのガチャがないのです。

池袋に着く前の山手線で、嬉しい?ハプニング。
足元に、ハナムグリが転がり込んできた!正確には、転がり込んできていた。うとうとしていたので、いつ電車に飛び込んできたのかわからない。隣にかけているおばちゃんの足元でひっくり返ってもがいていた。
誰かしらに踏まれそうなので、手を伸ばしてピックアップ。一緒に池袋で降りるまで、手元でよちよちするのをにやにや眺めて過ごしました。
車内だったので、画像は撮れず。シロテンかな?シラホシかな?
手に乗せて歩くと人によってはぎょっとなって避けてくれるので(笑)、あのゴミゴミした駅の中を歩くのにはよかった。

※一部画像をついぴくに上げたものから引用してみたのですが、表示がサムネで小さくなりますね……大きな画像はクリックしてリンク先で。申し訳ない。(´・ω・`)

池袋でクマムシさんとガチャと

ハンズ前到着。奇譚クラブのガチャがたくさん!わーい。
自分の目当ては主にネイチャーテクニカラーのシリーズ。
なまけっと戦利品はブログでまとめて紹介するのがいいかな。後ほどー。「いつでもどこでもガチャに挑める100円玉財布(超重い)... on Twitpic


いつでもどこでもガチャに挑める財布の、通常の状態。別イベント時に撮った画像ですが、いつもこのくらい満たしてある代物。
これが……

池袋でクマムシさんとガチャと

こう。
って、あんまりわからないかもしれませんが、かなり枚数を使わないと目に見えて減らないので、随分消費いたしました。

池袋でクマムシさんとガチャと

あれこれ大量に回しましたが、上のフロアにあった海洋堂のも混じっています。帰ったら開封の儀。

池袋でクマムシさんとガチャと

お待ちかね!クマムシさんの売り場前だよ。

クマムシさんはみんなに愛されすぎた(+自重)ためか、ぼくと握手!どころではない扁平な生物に…w


……巨大クマムシさん、かなり潰れているー!/(^o^)\
クマムシさんはみんなに愛されすぎた(+自重)ためか、ぼくと握手!どころではない扁平な生物に。そっとさわさわしてきました。
机ひとつ分な販売スペースでしたが、にぎわっていたよ。

他に寄り道もせず、本当にハンズだけうろうろして退散。サンシャイン水族館の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」も気になったけど、時間的に無理かなと。ツイートを見ていると、池袋ジュンク堂へ寄るコースがあったようだ。
クマムシさんグッズは、どれを買って帰ろうか迷った末、迷っていたものを全部お迎えして帰りました……いいんだよ、誕生日だし、プレゼント自分買いだよ!w


売り場前で散々迷った挙句全部購入;以前お買い上げしたノーマルなクマムシさんに、ノーマルじゃない(?)クマムシさんたちが加わ... on Twitpic


以前お迎えしてあったクマムシさん(左ふたつ)と、あわせて積み上げてみました。満足也。
シロクマムシちゃん、かっわいいよね〜。白いイキモノ好きなので、キーチェーンだけでなくぬいぐるみのちっこいのも買ってしまいました。リボンとかでデコって、おめかしさせたい衝動。

ひとまず、我が家のぽっぽ様にご挨拶をば。

ひとりクマムシさん祭り開催中。念願のシロクマムシちゃんも手に入れたよー。白かわいい。


白い!まるい!むっちり!最高!!└(・ω・)┘
私の興奮をよそに、ぽっぽ様動じません。さすがおっとり鳩胸美女。

では、げっとしたガチャ類を開けましょうかね!

雪の結晶 チャームストラップ

池袋でクマムシさんとガチャと

これ欲しかったんだよねえ。発売当初、やはり地元にはガチャなくて……ディスプレイなどにもよさそう。解説書つきだよ。

生物学者のプレパラートシール帳

池袋でクマムシさんとガチャと

ラインナップの中でも欲しかったのが出たので、嬉しい。

池袋でクマムシさんとガチャと

クリアシールなんだぜ……最高!ときめくね。

■ 南極

池袋でクマムシさんとガチャと

先行販売していました。これは1回だけ……なんだけど、これについては「これ以外ならなんでも来い!」みたいに思っていたのが出たので、ちょっとしょんぼり。単に好みであって(トリがすきなんだよー)、もの自体は迫力ある造形の、いいモノです。

メンダコ

ようやくメンダコちゃんもげっといたしまして、我が家の人形群にも無事メンダコをかぶらせる事ができました…奇譚クラブさんハンズ... on Twitpic


メンダコちゃんきたあああ!!(ノ゚∀゚)ノ
これだよこれ。超かわいい。かぶりたい。かぶれないから自作の某キャラクター人形にかぶらせた。満足。
やや透明感があってきらきらして、好みのグッズです。グミっぽい。

#なまけっと戦利品 「スカルチュラ」さんでお買い上げ、ソフビメンダコ。メンダコかわいい。被ってみたい。自作の某キャラクター... on Twitpic


なまけっとで販売のあったバージョンの画像はこちら。やっぱりかぶらせていた。

Microcosmos ミクロコスモス〜プランクトン大全〜

池袋でクマムシさんとガチャと

これだけ、海洋堂。上のフロアでやってきました。これもずっと欲しかったんだよねえ。都会は何でもあって、うらやましい限りだよ。

池袋でクマムシさんとガチャと

みんなのアイドル・ミジンコ!
外殻ぱかっと開けられます。一つ目なのがよくわかるね。

池袋でクマムシさんとガチャと

以前げっとしたミジンコ(タカラトミーアーツ「不思議生物大百科極小の共存者 微生物」これのシークレットはクマムシじゃなかったかしら)とご対面。こちらは腕(?)可動ですが、今回のは固定で動かせません。腕が目にかかっちゃって残念。

池袋でクマムシさんとガチャと

ゾエア。カニの幼生。しらすにまじりこんでいることがある、アレ。見つけると嬉しいけど、最近は全然だ。

池袋でクマムシさんとガチャと

ホウネンエビというそうな……って、これ逆だw

池袋でクマムシさんとガチャと

仰向けで泳ぐのね。ほうほう、ほうねんえび。覚えますし。


突然ですが。

池袋でクマムシさんとガチャと

ここに100均のたまご寿司なおもちゃ消しゴムがあるじゃろ?

こいつを……

池袋でクマムシさんとガチャと

こうじゃ!

池袋でクマムシさんとガチャと

……。

いや、やってみたかっただけなんじゃよ……ホウネンエビsushiだよ。
ちなみにダイオウグソクムシ寿司もやってみましたが(やるなよ)

池袋でクマムシさんとガチャと

あんよがわじわじしていて、食品として微妙な感じ……いやホウネンエビも大概だけど。

池袋遠い、と言っておきながらなんですが、クマムシマンこと堀川さんがいらっしゃるとのことで、24日にもう一度遊びに行きましたw

池袋でクマムシさんとガチャと

サイン嬉しいっす〜。おまけでポストカードもいただきましたよ。

クマムシマン堀川さんが絶賛接客中だったので売り子のお嬢さんに聞いてみようと、大体こんな展開に(写真掲載可否確認忘れてしまい... on Twitpic


接客お忙しそうなところ、質問にもお答えくださりありがとうございました。売り子のおねーさん、台湾の方だそうで、うっかり助手さんとか関係者の方と勘違いしてどどっと喋りこんでしまい、びっくりさせてしまったかなと。その節は失礼いたしました。お話してくださってありがとうございました、楽しかったよー。

堀川さんはファンのリクエストで一緒に写真撮影にも応じてらして(便乗して自分もお願いし、1枚撮らせていただきましたw)、サービス精神のある方だなあと。

ツイッターで、いろんなお勉強界隈の人達の発言を目にするけど、人によっては一般?の人と接して知識を広めるような活動の表には出てこないほうがよさそうだな……みたいなのがいるし(初心者を萎縮させたり恥じ入らせてその分野から遠ざけたり発見の感動を馬鹿にする人とかがちらほら)、なんかこう、バランスのいい人って貴重な存在だと思う。

かんみん なう

2000匹の「かんみん なう」。
乾眠中のクマムシたちx2000!を見せていただけました。なんだか砂の塊みたい。これだけ数がいれば、このくらいの量にはなるのね。ちいさなちいさな生物の、存在感。
一匹一匹拾い上げるのかな。数を数える作業は、根気が要りそうです。

自分はSuicaペンギンパンを、先日池袋行った時駅でお買い上げしました…地元の田舎では売っていないのよー。レモンフロマージ... on Twitpic


この日は帰りがけに、池袋駅のパン屋さんでSuicaペンギンパンを購入。田舎では取り扱いないからねー。これはまた別記事でレポ(というほどでもないけれど、感想)書きます。
posted by まい at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

六本木うろうろ〜ルイーダの酒場LV.6 編

前編UPして満足して、こちらをUPするの忘れていました。
ルイーダの酒場 LV.6!
未プレイとか記憶薄いタイトルばかりで、メニューが個人的にぱっとしないのでスルーしていたんだよね……期間限定メニュー目当てに、ようやく行きました。

■ まほうの小ビン(アルコール 830G ノンアルコール 620G)

ルイーダの酒場

アルコールにこだわりはないので、迷わずお安いノンアルコール。
10未プレイですが、きれいな色だったので。飲みやすい味で、小瓶の青い甘い液体を注いで完成させます。

■ 王女の愛のパングラタン(930G)

ルイーダの酒場

めんたい×チーズおいしい。パンなので、意外とボリュームがある。
パンは食べやすい一口サイズにカットされているので、チーズをたっぷり絡めてもいただきやすいよ。ハートの物体も、ぷにょぷにょしたチーズ。
1も未プレイなんですがね。

■ 元気玉の明石焼き(670G)

ルイーダの酒場

明石焼きを食べたことなかったので注文。レベル5の頃からあったメニューだと思いますが、例によって10未プレイでスルーしていました。あと、お友達と行くと「これ(明石焼き)にこの値段出せない」と却下される事が多いので。でもまあ、値段を言ったらこの店では全部超割高なメイド喫茶価格的な面はあります。こんなもんだよと割り切らないと楽しめない、多分。
うーん……油っぽい・揚げた卵焼きみたいな感じなのね。確かにこの値段は(略)。
一口でぽんぽん食べられてしまうから、メニュー数(≒メダルスタンプ)稼ぎたい時はいいかもしれない。

■ さまようよろいのゴマショコラ(830G)

ルイーダの酒場

見た目が凝っているので、それだけでも十分満足できるメニュー。
ゴマアイスはおいしいけれど、ゴマあんと一緒で個人的にはこれだけ量があると飽きてしまう。

ルイーダの酒場

ホイミスライムの頭は、しっかりめのゼリー。うにょうにょ足は、カスタードぽいクリーム。

ルイーダの酒場

盾クッキーのデザインはこんな。分厚くて、食べでがあります。

■ スライムハロハロアイス(750G)

ルイーダの酒場

今回のお目当て。8/3〜9/23限定メニュー……なんですが、随分イメージ画像と違うような。
すごく汚い……これで食べかけじゃなくて到着直後ですからね。でろでろになっているのもあってか、ボリュームも微妙。(´・ω・`)
味は青りんご、ピーチ、パッションフルーツの3種で、青りんごを選びました。ガムなんかのあの味で、いやに口に残る。別の味のがよかったかな。

ルイーダの酒場

下のほうは透明のゆるいゼリーで、味は退屈。中に2色のスライムゼリーが入っています。

今回は混雑する時期に行ったせいか、正直最悪でした。
食べる時間を考えてデザートを一番最初に頼んだのですが、同じメニューを一気に作るようなやり方をしているようで、到着したのは制限時間の最後のほうだったんですよ。作るのに時間かかりますとは言われたけど、だから最初に頼んでおいたわけで……。
デザート類を食べる時間に当てようと思っていた時間、待てども待てども注文したものが来ない!卓上が空っぽの時間が合計でですが30分くらいありました。手持ち無沙汰で他のもの頼んだけどさ(それが狙いですか?)……90分制限があるのに30分ロスは大きすぎるだろ。
おまけに、デザート類が来始めたのが15分前くらいで、ハロハロに至っては終了5分前ww あきれて草生やすしかない。ガブ飲みする気分で喉に流し込みましたよ。おいしいとかひんやり♪とか味の感想どころじゃないわ。
多くの人が注文する期間限定メニューで、例によって一気に全員分を整えて出して回った結果、あのでろでろのハロハロが来たのかなと。

厨房狭すぎで厨房スタッフ少なすぎじゃないかなあと思うけど、閑散としている時期は一人で行って貸切状態だったりもするわけで、難しいとは思うんだけどさ。
今回については、楽しいよりもがっかりな気持ちが大きかった。ルイーダは限定メニューとかでもない限り、何もイベントのない閑散期に行くのがいいね。遠方に住んでいると、そんなホイホイいけないんだがね……。

おまけ。

■ スライム スイートポテトまん(350G)

ルイーダの酒場

自宅用に冷たいものを持ち帰ります。ツノを崩さずに持ち帰れたことがない……次こそ。
スイートポテトまん(紫の毒々しいヤツ)、なかなかおいしかった。おやつによさそう。

ルイーダの酒場

飲み物と一緒に来たのだったか、スライムの紙コースター。もったいない(?)ので、さっと飲み物を避けて濡らさないように持ち帰ります。ARTNIAとかでも、こういうのは「濡らしたくないので」って飲み物乗せないよう頼むといいかなと。持ち帰り用に!とか、複数枚はもらえないものなので。
posted by まい at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木うろうろ〜「特別展 ガウディ×井上雄彦」で六本木ヒルズ編

特別展 ガウディ×井上雄彦 -シンクロする創造の源泉-」へ。
イノタケ先生といえばスラムダンク……くらいしかちゃんと読んだ作品がないのですが、思い出深い作品です。
「リアル」「バガボンド」は自分にはなんとなくだめだったのですが、絵は好き。人間の絵が特に好きですが、展示会などはそうそうなく……屏風絵は関西だったしなあ。今回は行動圏内だったので、開催情報を得て予てより行く機会を窺っておりました。

こんなオサレエリア、来るのはドラクエ展以来だよ。オサレエリアだけどこういう系統じゃないと来ないよ。

六本木ヒルズうろうろ

無数のドラえもんが迎えてくれました。

六本木ヒルズうろうろ

テレ朝の「六本木ヒルズ夏祭り」の一環らしく、66プラザに因んで66体いた模様。多くの人が写真に収めていました。

六本木ヒルズうろうろ

実は来る時間を1時間間違えて、開場前の到着。
開場まで40分以上ありましたが、既に二人ほど並んでいました。ポケモン展も同時開催だったのでそっちかなと思いましたが、少なくともちょっと会話した1人は同じく美術館待機。
8/1〜/10の間は、先着50名に非売品プレスリリース(マスコミ向けのもの)のプレゼントがあったのですね。

六本木ヒルズうろうろ

「オリジナル紙ファイル入りの本展紹介小冊子」とのことで、入場時ありがたく頂戴しました。

入場して最初のエリアで、イントロダクションの上映を観てから展示エリアへ。
まずは、老年期から若き日の姿へぬるぬる変化する、イノタケ先生によるガウディ肖像画の映像から。実際の建物の映像など一部は、前日に観た番組でも使われていたものでした。
ガウディについては奇抜な建築の人だなーくらいにしか認識していなかったのですが、あくまでガウディがメインであってほしい。イノタケ先生のファンではあるけれど、すり寄りと取られるような、ガウディの情報や表現を侵食するようなコラボレーションではないといいなと心配しておりました。
一通り回った結果ですが、それは杞憂に終わったなと。

イノタケ先生は、「ガウディ像」イメージの補助に徹していたように思う。
漫画の「手法」――コマ割に沿って物語を追う――で描かれたガウディ幼少期〜の様子が、印象的でした。解説板に文字で綴られるよりずっと、記憶に残りやすい。絵があるというのはありがたい。
写真や肖像画資料のように確実にその姿であったわけではないかもしれないし、そこにガウディ当人のどんな感情が実際にあったかなんて、資料で残っていなければ描き手の想像や表現でしかないかもしれない。それでも、大して調べもせずに行っている自分のような者が、文章だけでヒトを具体的にイメージするのは容易ではない。
簡単・難しいというより、そこまでイメージしきらないところで追求が止まってしまう。イメージの追求が進めば進むほど、記憶に残るのだと思う。追求の手間を、イノタケ先生が担ってくれたように感じた。

pepita 井上雄彦meetsガウディ 新装版

時間をかけて足跡を辿り、情報を集めて描かれた「表現」「演出」のリード・サポートなしには、展示を一通り巡った後の満足感はなかったと思う。いい展示会でした。
イラストのガウディは、どれも眼差しが印象的。
彼がどんなものを見、どんな表現を目の前に広がる景色にあらわそうとしたのかを、イノタケ先生は追求して描いてみせてくれたのかもしれないなあなどと、イノタケ先生の表現に関してはそういった感想を持ちました。

手に取って構造の変化を試せる模型があったり(文章で説明はあるのですが、実際に動かしてみれたのでわかりやすかった)、実際に座れるレプリカの椅子があったりというのもよかったなあ。
椅子は木製で当然クッション性はないはずなのに、しっくり来る感じ。日本人の体形に合わせると、また違った設計になるのかな。

あとは、雑感もいいところなんですが……線で描かれた緻密な図面に何を真っ先に思ったかというと、漫画・イラスト描きとの親和性だったり。
そして図面に添えられたテキストの、書体が!いちいちかっちょいい。おしゃれー。手書きですよ……手書きで恐らく何気なく綴られている文字が、いちいち魅力的なんですよ。
広告や街中のテキストを見て「あれはフォントAとフォントBの併せ技だな」と瞬時にわかるマニアでなくとも(自分にはわからないですよ!w)、フォント集めが好きな人なんかは注目してみるといいかも?

といったところで、展示会は離脱。

六本木ヒルズうろうろ

特設のグッズショップもありました。壁面にもイノタケ先生のイラストが。グエル公園のトカゲちゃん、かわいい。

六本木ヒルズうろうろ

画像は今回げっとした会場配布物と、購入した展示会グッズ類……+α。

六本木ヒルズうろうろ

オリガミオリガミのイベント仕様柄があったので、ひとつ買ってしまいました。2種展開でしたが、枚数ないのに高いもんだからひとつだけ!

六本木ヒルズうろうろ

お買い上げした「+α」とは……スラダンの缶バッジ2種w
3Fのミュージアムショップっぽいところでは、イノタケ先生の漫画関連グッズも多く取り扱いがあって、つい。どれもこれも欲しくなってしまうのですが、缶バッジ2つに絞ったよ。
なぜ彼らといわれると……こいつをとるのにこいつを諦めるとか!みたいな感じでうまく優先順位つかなくて、最終的に諸々の間を取った結果このキャラ、ですw 人気の高い三っちゃんとか、私も好きなんですがね。彼らも、好きなんだよー。

六本木ヒルズうろうろ

ポケモンのやつは、展望台のほうでやっているのね。入り口の画像だけちらり。
開場前待機の話ですが、大混雑長蛇の列!ってやつかなと思っていたけど、開場30分前時点で並んでいたのは美術館目当ての我々以外に、後から来たこのポケモン展目当てのご一家のみでした。夏休みとはいえ平日だったからかな。
このご一家、建物が開いて館内で待機できるようになると、先に並んでいた我々を気にも留めずチケットカウンター前で先頭に並ぶ神経がすごい。ファミリー特権、大したもんです。まあ、人数いないし自分らの目当てには関係ないのですが、こういうのは気持ちの問題であって……もごもご。


愚痴はこの辺にして、次の予定はルイーダの酒場
前日23時過ぎにどたばたと開店時間の14時で予約とったのですが、ただでさえ早く着き過ぎたのにどう時間を潰そうかと。
展示会コラボメニューの存在自体は知っていましたが、ひとりだし立派なトコで食事もなあ、と。今見たらカフェみたいな店でもやっていたんですね。よって来ればよかったかな。
ひたすら敷地内をうろうろさまようものの、こういうオサレなとこって服飾ブランドや退屈なインテリアばっかで、興味引かれるお店がほとんどないんですよね!
テレ朝のイベント真最中で特設ステージとかありましたが、特に興味ないし……炎天下を歩き回るうちに頭痛するし頭ぼーっとするしで、これはまずい。
とにかく座りたかったけど、屋外にベンチがある程度。暑い。まずい。

期待薄かなと思いつつも飛び込んだのが、こちら。

マイナビ アートアクアリウムステーション」。入り口のスタッフに聞くと、ゆっくりまわって20分くらいは時間つぶせるらしい。冷房効いて涼しいようだったので、もうこの際なんでもいい!入ってみることにしました。

そうはいっても

六本木ヒルズうろうろ

このショボさ……。
芸能人とかがデザインした水槽らしいんだけど、写真撮る気にもなれないな。せめて入場料800円分、ちゃんとしたデザイナーの作品を見せてほしかった。

それらしいものはこれより奥のエリアに。
しかしあくまでアートなのか、水槽内の生物名がほとんど記載されていないんですよね。作品解説に登場すればラッキー、くらいの。

六本木ヒルズうろうろ

カクレクマノミっぽいの(私も細かい種類はよくわからない)の水槽の前では、通りがかった親子が定番の会話をしていきます。「ニモだ!」「ニモだねー」……というアレ。
水族館でもまるっきり同じ会話に出会いましたが、この後に生物名の表示を見て「クマノミ??」「クマノミっていうんだって」という会話が続くんですよね。
ニモはキャラクターの名前であってさ!……って、まあ、なんでもかんでもオベンキョウに結び付けなきゃいけないわけじゃないけどさ。折角関心が向いたタイミングなのに、勿体ない話だよねと思うわけです。
でずにー興味ないんでああいう映画も観ないんですが、wikipedia見たら、ニモってのはカクレクマノミじゃないんですね。へー。
余談ですが、エンタメの延長で学問にかる〜く踏み込めたらいいのに……という自分の理想をかなえるイベント「博物ふぇすてぃばる」というのがありまして、折角休みをとってあったのですが、この後体調崩して結局いけませんでした。無念。

六本木ヒルズうろうろ

アートというより広告ボードみたいなもんを見ながら、自分はこの冷房・休憩所としてのスペースに金を払っているのだと言い聞かせる。

六本木ヒルズうろうろ

目玉はこれかな。いわゆる金魚かとおもったけど違うのか。ライトアップされていて、照明の色がどんどん変わります。

六本木ヒルズうろうろ

なんだろうと思ってもわからないまま終わってしまうのがこのイベント。
何かはよくわからないが、どいつもこいつも正面から見ると笑顔に見える。暑さでささくれ立った心が多少和みます。

六本木ヒルズうろうろ

微妙な水槽も多かったけど、こうしてみるとイキモノ自体はかわいいわけだし、何より涼しさを提供してくれたので感謝。持ってきた飲み物も飲みきっていたので、出口で水のペットボトルもらえたのも助かった。

六本木ヒルズうろうろ

まあ、笑って笑って。

時間が埋められたので、ようやくルイーダへ移動。
長くなったので記事を分けます。お疲れ様でした〜。
posted by まい at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。